TOP

トップ

ABOUT

他の美容室との違い

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

サミートリートメント(酸熱)ブリーチ毛に使ったみた!工程と仕上がりを徹底解説!

サミートリートメント(酸熱)ブリーチ毛に使ったみた!工程と仕上がりを徹底解説!

この記事を書いた人

SENJYUプロフェッショナルチーム

「店舗を持たない美容室」をコンセプトに、特定の店舗に所属しない美容師たちが集まり、全国で活動しているプロフェッショナルチーム。
ヘアカット・ヘアケア・縮毛矯正などの悩みを抱える女性たちを中心に、年間5,000人以上のお客様のヘアスタイルを担当。
『あなた以上に、あなたの髪を想う』をスローガンとして、様々なプロジェクトに取り組む。

サミートリートメント(酸熱)は、最も使用頻度の高い酸熱トリートメントです。

森越 道大

酸熱トリートメント年間3000人の功績は、サミートリートメントが大きく支えてくれました!

サミートリートメント(酸熱)は最も多くの支持がある!

サミートリートメントの検証は、今まで何度か行ってきました。

サミートリートメントの検証記事

今日のお題は、

お客さん女性

ブリーチ毛にサミートリートメントって効果あるんですか?

森越 道大

今回は、ブリーチ毛に対してサミートリートメントの効果と相性を徹底解説します。

ブリーチ毛にサミートリートメントってどうなの?

森越 道大

まず、ブリーチとサミートリートメントの併用施術は不可能です。

ブリーチとサミートリートメント含む酸熱トリートメントは、当日の併用施術はできません。

ブリーチ後、2週間以上間を空ければ酸熱トリートメントが可能になります。

ブリーチ後は
森越 道大

ブリーチ毛に酸熱トリートメントを行えば、ブリーチによる髪のダメージを補修し扱いやすい髪へ導く!

サミートリートメントはブリーチ毛に好相性!

ブリーチ毛にサミートリートメントは好相性な理由
森越 道大

サミートリートメントはダメージがあるほど効果を発揮するからです。

酸熱トリートメントは、髪にダメージに対してアプローチする技術なので、ブリーチ毛=ダメージ毛には、必然的に効果を発揮しやすいことになります。

逆にとらえると…

ダメージがあるほど効果を発揮するということは、逆にとらえるとダメージがなければ効果を発揮できないデメリットがあります。

森越 道大

サミートリートメントは、ダメージを直すための技術です。

ダメージ毛に効果を発揮するメカニズム(サミートリートメント)

まずダメージ毛は、髪内部のタンパク質が破壊されて、ボロボロ、スカスカの状態。

髪内部のタンパク質が破壊されか髪には、ダメージホールが沢山あります。

そこにサミートリートメントを使用すると、ダメージホールにサミートリートメントの成分が浸透します。

ダメージホールに浸透したサミートリートメントに、ドライヤーとアイロンで熱を加えるとダメージホールを修復。

森越 道大

酸熱トリートメントは、ドライヤーとアイロンによる熱処理が重要な工程になります。

ダメージを修復した髪は、艶髪ストレートになる。

森越 道大

これが、酸熱トリートメントの大まかな原理です。

サミートリートメント(酸熱)の原理をさらに詳しく解説。

実際にサミートリートメントをブリーチ毛に使ってみました

サミートリートメントが、ブリーチ毛にどれほど効果を発揮するのか?

実際にブリーチ毛を使って検証しました。

今回、検証するブリーチ毛

  • ブリーチは1回。
  • ブリーチは半年前にした。
  • 根元10センチ以降はブリーチ毛。

ブリーチをしていない根元10センチのダメージレベルは3~4ほど。

ブリーチ毛である根元10センチ以降のダメージレベルは8以上。

毛先はブリーチによるダメージが酷く、かなり扱いずらい髪質といえます。

その他、検証する髪の特徴

ブリーチ以外に、カラーやアイロンのダメージもプラスされている髪質です。

カラーはブラウンを全体に、ハイライトを一部に

全体はブラウン系のカラーをしていて、インナーカラーでハイライトもプラスされています。

色落ち具合をチェック
森越 道大

サミートリートメントは色落ちするデメリットがあります。色落ち具合も合わせて見ていきましょう。

髪質の特徴

やや太めで、しっかりした髪質なので、毛先がチリチリのエイジング毛にはなりにくい「ダメージに強い髪」です。

髪質的に、トリートメントをしても「サラサラ」になるタイプの髪ではありません。

サミートリートメント&ブリーチ毛、施術スタート

森越 道大

ではここから施術に移ります

今回、モデルを担当するのは、森越チーム専属のアシスタントの「千葉さん」

そして施術を行うのは、同じく森越チーム専属のアシスタントの「樋上(ひがみ)君」

シャンプー

まず、サミートリートメントを行う前のプレシャンプー。

使用するシャンプーはサミートリートメント専用の「サミーシャンプー」

サミーシャンプーを使う理由

サミーシャンプーは、サミートリートメントの効果をより発揮しやすくするために、髪のPH値を調節する役割があります。

髪質チェック1回目

ここで、髪質チェック。

サミーシャンプーの影響で、髪が少し硬くなっています。

サミーシャンプーをすると髪が硬くなる?

サミーシャンプーを使用すると、髪の毛のPH値は変化して髪が硬くなりますが、トリートメントとをすると元に戻るので、特に心配はいりません。

濃度10%を使用

髪質診断をした結果、10%のサミートリートメントを使用するとのこと。

濃度は、髪質やダメージレベルに合わせて変えます。

森越 道大

ここで濃度選定を誤ると、髪が硬くなったり、傷んだり、重大なデメリットに繋がります。

サミートリートメント(酸熱)塗布

サミートリートメント(酸熱)を髪全体ににつけていきます。

トリートメントは泡状ででてきて、一般的なトリートメントとかなり異なる印象があります。

保温15分放置

サミーメントを髪全体に塗ったら、キャップを被せて15分放置します。

キャップを被せてしっかり保温をするることで、トリートメントをしっかり浸透させます。

トリートメント流し

15分経ちました。

髪内部までトリートメントが浸透したことを確認してから流します。

髪質チェック2回目

本日2度目の髪質チェックに入ります。

ここでの髪質チェックは、髪内部までトリートメントが浸透しているか確かめるもの。

見極めは素人にはできない

チェックは簡単にできないそうです。

勉強のため、1年目のアシスタントを呼び出して髪質を一緒にチェック。

お客さん女性

ただ、流して終わりではないんですね。

柔軟性を取り戻す

髪を触ってみると、施術前の硬い髪質が柔らかくないっています。

サミートリートメントの効果で、柔軟性を取り戻しました。

1年目のアシスタントたちも柔軟性をチェック。

ドライ&ブロー(超重要)

トリートメントを流し終わったら、ドライに入ります。

ブロー前の髪です。

この時点で艶がでていています。

しかし、色落ちもかなりしています。

ブローは職人技

ブローはサミートリートメントの熱変性を発生させるため、最も重要な工程です。

最も重要な工程であるためか、最も難易度の高い工程でもあるそうです。

森越 道大

ブローは美容師の腕が試される技術です。

ブローによってサミートリートメントが熱変性を起こし、ダメージが修復していきます。

アイロンワーク

最後の工程、アイロンを入れます。

アイロンはどちらというと、髪に艶を与えるためだけにいれるため、ブローの段階でほぼ施術は終了しているようです。

施術終了

アイロンで髪全体に艶をだたら終了。

結果は見事、艶髪のストレートになりました。

サミートリートメント&ブリーチ毛、検証結果

Before・After画像を見てお分かりの通り、1時間ほどの施術で見違えるほど髪質が良くなりました。

施術前のバサバサで硬い髪質に柔軟性を与え、扱いやすい髪質になりました。

元々、髪質はしっかりしていたので、エイジング毛のケアというよりは、ブリーチ毛に艶を与えた印象が強いです。

メリット

ダメージケアに関しては、期待を裏切らない劇的なハリツヤの効果を発揮。

施術後の感想
  • 艶がでた印象が強い。
  • 髪が柔らかくなった。
  • 毛先までしっかりダメージケアができた。

デメリット

かなり色落ちする

画像を見ると施術前と、施術後で、かなり色落ちしたことが分かります。

カラーをされている方は、ある程度の色落ちは覚悟で行わないといけません。

森越 道大

アッシュ系が特に色落ちしやすい傾向にあります。

色落ちが心配な方へ

以前書いた記事でもご紹介していますが、森越チームは色落ちを防ぐ酸熱トリートメントを生み出しているので、色落ちが心配な方はご相談ください。

森越チーム「色落ちを防ぐ酸熱トリートメント」

臭いに関して

酸熱トリートメントは独特な臭いがするデメリットがありますが、個人的な感想として施術中に臭いが気になることはありませんでした。

臭いに関しては個人差がありますが、臭いに敏感でない人にであればそこまで気にならないのではないか?と思います。

酸熱トリートメントの臭いに関して詳しく解説

サミートリートメント(酸熱)行う回数

森越 道大

サミートリートメント(酸熱)は1回で終わません。

髪内部までしっかりダメージケアをする場合、1か月半~2か月間の頻度で2~5回ほど行う必要があります。

酸熱トリートメントの回数と頻度について詳しく解説

サミートリートメントを長持ちさせる秘訣

今回、施術で使用したサミートリートメント(酸熱)専用のシャンプー&トリートメント。

ホームケアとして使用すれば、サミートリートメントの持続力を大幅に上げる効果があります。

サミートリートメントはブリーチ毛だからこそやってほしい!

サミートリートメントは、ブリーチ毛のようなハイダメージの方にこそ試してほしい技術です。

ブリーチ毛でなくも、ダメージでお悩みの方もぜひお試しください!

MORIKOSHIスペシャリストチーム

森越チームは、酸熱トリートメント年間3000人担当のプロフェッショナル!

サミートリートメントで本物の髪質改善をお届けします。

カウンセリングのみ実施中

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に


↓↓↓
友だち追加

※PCでご覧になっている場合、下のQRコードをスマホで読み取って友だち追加してください。
LINE友だち追加用QRコード

友だち追加

※うまく追加できない場合、下のIDを使って「ID検索」から森越を見つけて友だち追加してみてください。(追加のやり方はこちら

オンラインショップを見る

森越 道大

SENJYUチームではインスタグラムにて最新の情報を配信しています。チェックしてみてください。

カテゴリー一覧から記事を探す

TOP
Loading...