TOP

トップ

ABOUT

他の美容室との違い

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

♡美髪のキホン♡髪をキレイに保つための11個の秘訣

♡美髪のキホン♡髪をキレイに保つための11個の秘訣

この記事を書いた人

SENJYUプロフェッショナルチーム

「店舗を持たない美容室」をコンセプトに、特定の店舗に所属しない美容師たちが集まり、全国で活動しているプロフェッショナルチーム。
ヘアカット・ヘアケア・縮毛矯正などの悩みを抱える女性たちを中心に、年間5,000人以上のお客様のヘアスタイルを担当。
『あなた以上に、あなたの髪を想う』をスローガンとして、様々なプロジェクトに取り組む。


ここでは【スペシャリストチームへご来店があるお客様へ】
キホン的な美髪になるホームケアのキホンをお伝えします☆

どんな髪の長さでも、どんなメニューをされていても
皆さんに共通することになります。

森越 道大

これだけ守っておけばお家でダメージが進行することなどありえないのです!

それでは、シーン別にご紹介していきます!


◎お風呂の中


  • お湯の温度はぬるめがキホンです(38度〜40度)
  • ご来店いただいた当日は髪の毛は洗わなくて大丈夫です。
   ↪︎熱めのお湯や洗いすぎは髪の毛や頭皮を乾燥させます。カラーの色落ちも早くなります。
    どうしても汗や匂いがついて気になる方は、ぬるめのお湯でしっかりと頭皮をこすりながら流した後、
    トリートメントをつけてあげるだけである程度汗や匂いは落ちます。

◎お風呂を出た後


  • 髪の毛が濡れてるまま寝ない(これは本当に一番大切!!!!!)
  •   ↪︎これはキホン中のキホン!髪の毛は濡れてる状態が一番敏感でダメージしやすいのです。

  • ドライヤー前に洗い流さないトリートメントをつける
  •   ↪︎ドライヤーの熱から守ってくれます!乾いた後の手触りがサラサラに♡

  • ドライヤーをするときは ながらドライ をしないようにする
  •   ↪︎これは結構無意識にやってしまいがちなやつですね。携帯見ながらとか。。。
       同じところにずっと風が当たってしまいオーバードライになりやすいです。

  • 根元から乾かし始め、中間と毛先は風を上から当てて乾かしていく
  • 8割乾いたら仕上げとして冷風を当てるとツヤツヤに♡
  •   ↪︎この2つは上級者向けです!上の3つができている方にとてもオススメな乾かし方です!
       最後に冷風を当てるのはツヤが出るだけでなく、まだ乾いてないところを発見できるので、
       オーバドライになることなく効率的に乾かせます!

◎寝る前に


  • 自然乾燥してしまったら。。。
  •    ↪︎自然乾燥は一見乾いていそうでも内側の水分が残っていることがほとんどです。
       お布団に入る前に3分でいいので最後に軽くドライヤー当ててください。
       次の日の寝癖のつき方もこれだけで全然変わります^^

  • パサパサが気になる時は。。。
  •    ↪︎寝る前に髪を触った時に、広がりやパサつきなどの乾燥が気になる時は、
        もう一度洗い流さないトリートメントをつけてください。
        乾燥した状態で寝てしまうのはとても危険です。

◎スタイリング


  • ヘアアイロンやコテの温度は150度以下!(かなり大切!!!)
  •    ↪︎これはお家でダメージするランキング第1位です!!必ず守ってください😣
        巻かなくてもヘアスタイルが完成するのであればそれがベストです!

  • どんなヘアスタイルでもスタイリング剤をつける
  •    ↪︎外出中に髪の毛が乾燥するのを防いでくれます!さらになんと!
        つけるだけで誰でも可愛く、おしゃれヘアになれる魔法のアイテムなのです♡
        アレンジや簡単に結ぶ時にもオススメです☺️

◎最後に……


MORIKOSHIスペシャリストチーム

スペシャリストチームへご来店されているお客様はパーマやお直し、縮毛矯正やカラーなど薬剤を使った施術をされている方がとても多いです。そんな皆様の髪の毛は何もしていない髪の毛に比べてとても乾燥しやすいのです。


髪の毛を乾燥させないこと(保湿してあげること)

それはキレイな髪の毛にしていく中で、とても大切なことです。

上の注意事項の中でも何度も〝乾燥〟というワードが出ていますが、
なぜそんなに乾燥してる髪の毛が良くないのか。

それは乾燥している状態を放っておくことで、衣服や布団などの布類との摩擦、 また外の空気や冷暖房による乾燥した空気と合わさることで静電気が起き、 それの積み重ねにより表面のダメージ(切れ毛や枝毛)に繋がります。

まずは、乾燥してしまう行為をできるだけ防いでいくこと。
そして、しっかり保湿ができるアイテムを上手に使っていくこと。

これがとても大切になります。

一人一人の髪質によって、どんなものを使ったらいいのかは変わってきます。
今使っているものがあっているかわからない、髪質にあったものを紹介してほしい!という方は、
サロンにご来店いただいたときに是非ご相談ください!

一人一人の髪質や髪型、ライフスタイルにあったものをご提案させていただきます!


LINEよりカウンセリング無料相談を行っております。 ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため
混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に

カウンセリングでのご来店可能^^


↓↓↓
友だち追加

※PCでご覧になっている場合、下のQRコードをスマホで読み取って友だち追加してください。
LINE友だち追加用QRコード

友だち追加

※うまく追加できない場合、下のIDを使って「ID検索」から森越を見つけて友だち追加してみてください。(追加のやり方はこちら

オンラインショップを見る

森越 道大

SENJYUチームではインスタグラムにて最新の情報を配信しています。チェックしてみてください。

おすすめインスタグラムタイムライン

カテゴリー一覧から記事を探す

TOP
Loading...