TOP

トップ

ABOUT

他の美容室との違い

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

パーマとヘアカラー同時施術のデメリットや注意点を美容師が解説!

パーマとヘアカラー同時施術のデメリットや注意点を美容師が解説!

この記事を書いた人

SENJYUプロフェッショナルチーム

「店舗を持たない美容室」をコンセプトに、特定の店舗に所属しない美容師たちが集まり、全国で活動しているプロフェッショナルチーム。
ヘアカット・ヘアケア・縮毛矯正などの悩みを抱える女性たちを中心に、年間5,000人以上のお客様のヘアスタイルを担当。
『あなた以上に、あなたの髪を想う』をスローガンとして、様々なプロジェクトに取り組む。

お客さん女性

パーマとヘアカラーを当日中にやってもらえますか?

森越 道大

美容師 森越

結論、パーマとヘアカラーの同時施術は状況によって可能であり、同時施術を行なっている美容室は数多く存在します。

森越 道大

美容師 森越

しかし、パーマとヘアカラーの同時施術にはいくつか注意点があるので「できれば期間を空けてからやってほしい」と言うのが美容師の本音です。

お客さん女性

なるほど、ではパーマとヘアカラーの同時施術注意点を教えて下さい

本記事の内容
  • パーマとヘアカラーの相性が悪い理由
  • パーマとヘアカラーはどちらを先にやるべきか?
  • パーマとヘアカラーは何日空けると良い?
  • パーマとヘアカラーの同時施術が不可能なケースとは?
森越 道大

美容師 森越

上記の疑問を年間1000人のパーマを担当するSENJYUチームが徹底解説します。

パーマとヘアカラーの相性が悪い理由

森越 道大

美容師 森越

まず大前提として、パーマとヘアカラーは相性が悪いことを覚えておいて下さい。

森越 道大

美容師 森越

相性が悪いがゆえに、同時施術を行うと両メニューに悪影響を及ぼす可能性があります。

パーマが「ヘアカラーに与える」悪影響とは

ヘアカラーをした後、パーマを行うと

パーマ薬剤の中にはカラー染料を分解してしまう成分が含まれています。

そのため、ヘアカラーの後にパーマをすると、ヘアカラーの色落ちリスクが非常に高いのです。

森越 道大

美容師 森越

場合によって、染まったカラーがほとんど色落ちしてしまう可能性もあります。

期間を空けても色落ちする

例えヘアカラーをしてから1週間以上期間を空けたとしても、パーマ薬剤はカラーの色落ちリスクは高めです。

そのため、カラー後にパーマを行うのは現実的ではないのです。

ヘアカラーが「パーマに与える」悪影響とは

パーマをした後、ヘアカラーを行うと

パーマをかけた直後にヘアカラーを行うと、形状記憶されていないパーマの効果が落ちてしまうと言われています。

しかし、ヘアカラーでかかっているパーマが完全に落ちてしまうことはほとんどありません。

もし、パーマとカラーの同時施術を行うならばパーマを先に行う方が現実的です。

期間を空けるとパーマが落ちずらい

パーマをかけて1週間以上経つとパーマの形状がほぼ固定されるので、ヘアカラーをしてもパーマが落ちることはほとんどありません。

髪へのダメージは2倍を超える?

森越 道大

美容師 森越

パーマとカラーの同時施術で一番心配なのことが「髪への負担」です。

パーマとヘアカラーの同時施術を行うことで髪に与えるダメージは「パーマ×ヘアカラーのダメージ」とは限りません。

なぜなら、パーマとヘアカラーどちらも髪を軟化(髪を柔らかく)させる薬剤を使用しているからです。

髪を軟化=もろい髪になる

パーマorヘアカラーどちらか一方の薬剤を使用するだけで、髪は一時的に外的刺激に弱い状態になってしまいます。

もし、当日中にパーマとヘアカラー薬剤の両方を使用してしまうと、軟化×軟化でますます外的刺激に弱くなってしまうのです。

森越 道大

美容師 森越

同時施術を行うと2倍ダメージを受けしまうのはもちろん「2倍ダメージに弱い髪になる」デメリットが発生するのです。

お客さん女性

家に帰った後もリスクが続いてしまうってことね?

パーマとヘアカラーはどちらを先に行うべきか?

森越 道大

美容師 森越

同時施術をする際は「絶対にパーマが先」です。

森越 道大

美容師 森越

カラーを先に行ってしまうと、染まったヘアカラーがほとんど色落ちしてしまう非常にもったいない、無意味な結果になってしまいます。

パーマとカラーの性質の違い

パーマは髪内部の構造を変えてしまうメニューですが、ヘアカラーは髪内部にカラー染料を浸透させるだけなので、髪の構造は変わっていません。

  • パーマは髪の構造を変える=簡単に元に戻らない
  • カラーは髪の構造が変わらない=簡単に元に戻る

↑以上のことを考えると、パーマを先に行うべき理由がなんとなく分かると思います。

パーマ&ヘアカラーは〇〇日空けるべき

  • パーマ後のヘアカラーは「1週間以上」
  • パーマはかけてから1週間ほどでウェーブが固定化されるので、1週間ほど期間を空けることをおすすめします。

  • ヘアカラー後のパーマは「14日以上」
  • ヘアカラーは期間を空けても色落ちのリスクがあることを覚えておいて下さい。ある程度カラーが色落ちした際にパーマを行う方が良いかもしれません。

どれぐらい空けた方が良いかは美容師さんによって意見が分かれますが、パーマとカラーどちらも最低1週間は空けるべきだと思っています。

パーマとヘアカラーの同時施術が不可能なケース

森越 道大

美容師 森越

髪が激しく傷んでいる場合はパーマとヘアカラーの同時施術は不可能です。

パーマとヘアカラーの同時施術を行う際は、パーマとヘアカラーのダメージに耐えられる髪でないといけません。

もし、激しく傷んでいる髪にパーマとヘアカラーの同時施術を行うと、パーマのかかりが悪い、カラーの発色も悪い 両メニューまともに効果を発揮できない結果で終わってしまう可能性もあります。

森越 道大

美容師 森越

パーマとヘアカラーの同時施術は「ある程度の健康毛」「元々ダメージに強い髪質」である必要があります。

まとめ

森越 道大

美容師 森越

パーマとヘアカラーの同時施術は「不可能ではない」と言うのが結論ですが、できれば期間を空けてから行ってほしいです。

やはり、髪への負担を考えるとパーマとヘアカラーの同時施術は美容師としておすすめはできません。

もしパーマとヘアカラーの同時施術をご希望の方は、担当美容師さんとしっかり相談してから行いましょう。

期間を空けた方がパーマ&ヘアカラー両メニューの効果を有効に発揮することができます。

森越 道大

美容師 森越

その他、パーマ&ヘアカラーに関して分からないことがあればなんでもご相談下さい。

お気軽にLINEからご相談ください♪

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

縮毛矯正とヘアカラーの同時施術の注意点
ゆるふわパーマはどうやってできるのか?

オンラインショップを見る

森越 道大

SENJYUチームではインスタグラムにて最新の情報を配信しています。チェックしてみてください。

カテゴリー一覧から記事を探す

TOP
Loading...