TOP

トップ

ABOUT

プロフェッショナル
チームとは

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

カテゴリー一覧から記事を探す

縮毛矯正&カラーの同時施術の相性とは?メリット&デメリットを美容師が徹底解説!

縮毛矯正&カラーの同時施術の相性とは?メリット&デメリットを美容師が徹底解説!

この記事を書いた人

SENJYUチーム

表参道•銀座において、芸能人、モデルを問わずに人気を博した美容室、『GARDEN』に所属し、月間指名総売上1000万円を誇るプロフェッショナルチーム。
年間5000人以上のお客様のヘアスタイルを担当する中、1000人以上のパーマと縮毛矯正、2000人以上の髪質改善のお客様を担当。
2020年起業『SENJYU』を発足。
『全ての人に可能性という未来を築く』をスローガンに様々なプロジェクトに取り組む。

お客さん女性

縮毛矯正とヘアカラーって同時施術可能ですか?

結論、同時施術可能ですが
森越 道大

美容師 森越

可能と断言したくないので「不可能ではない」と言わせて頂きます。

森越 道大

美容師 森越

また、同時施術するにしてもリタッチ(根元)カラーとの併用がほとんどです。

お客さん女性

おすすめはしていないってことね?

縮毛矯正&ヘアカラーの同時施術を行う際は、様々な注意点があります。

もし、注意点を守らないと縮毛矯正&カラーどちらの効果も台無しになってしまう可能性もあるのです。

本記事の内容
  • 縮毛矯正とヘアカラーどちらを先に行うのか
  • 縮毛矯正とヘアカラーの同時施術のメリット
  • 縮毛矯正とヘアカラーの同時施術のデメリット
  • 縮毛矯正後のカラーは、最低2週間空けた方が良い理由
森越 道大

美容師 森越

カラーを年間3500人、縮毛矯正を年間800人担当するSENJYUチームが、上記の疑問を徹底解説させて頂きます。

縮毛矯正とヘアカラーの同時施術について

森越 道大

美容師 森越

まず、SENJYUチームは髪質を見極めた上で「同時施術可能」と判断した場合のみ、縮毛矯正とカラーの同時施術を行っていきました。

お客さん女性

なるほど、では同時施術可能なケースってなんですか?

同時施術可能なケース

縮毛矯正&カラーの同時施術が可能なケース
  • 髪のダメージが少ない
  • 太毛、剛毛で髪質がしっかりしている
  • 髪質がしっかりしている
  • など

要は、髪質がしっかりしていれば縮毛矯正&カラーの同時施術ができる可能性が高いと言うこと。

しかし、同時施術可能と判断してもリタッチカラーとの併用がほとんどです。

縮毛矯正後、全体カラーは髪への負担が大きすぎる
森越 道大

美容師 森越

髪への負担を考慮すると、全体縮毛矯正をした後の全体カラーはリスクが高すぎるのでほぼ不可能だと思っています。

同時施術不可能なケース

森越 道大

美容師 森越

縮毛矯正&カラーの同時施術が難しい髪質は以下の通り。

縮毛矯正&カラーの同時施術が難しい髪
  • 髪のダメージが酷い
  • エイジング毛
  • 細毛、軟毛
お客さん女性

弱った髪ほど縮毛矯正&カラーの同時施術が難しいってことね。

縮毛矯正とヘアカラーどちらを先にやるのか?

森越 道大

美容師 森越

必ず縮毛矯正を先に行い次にカラーをする流れになります。順番が逆になることはありえません。

縮毛矯正を先に行う理由

まず、カラー剤に含まれるカラー染料は、髪表面のキューティクルが閉じていることで簡単に色が抜けない様になっています。

しかし、縮毛矯正の薬剤は髪内部に浸透させるために、キューティクルを開く効果があります。

森越 道大

美容師 森越

縮毛矯正の薬剤の効果でキューティクルが開いてしまうと、カラー染料が流出(色落ち)してしまいます。

↑開いた隙間から、カラー染料が流出して色落ちしてしまうのです。

お客さん女性

なるほど!せっかくカラーしても色落ちするのはもったいないですよね。

森越 道大

美容師 森越

たとえ期間を空けても、カラー後に縮毛矯正を行うと色落ちしてしまう可能性が高いです。

縮毛矯正とヘアカラーの同時施術のメリット

お客さん女性

縮毛矯正&カラーを同時施術することにメリットってあるんですか?

森越 道大

美容師 森越

一応ありますので、ここでは縮毛矯正&カラー同時施術のメリットを解説させて頂きます。

時間の節約になる

森越 道大

美容師 森越

やはり、縮毛矯矯正&カラー同時施術のメリットは「時間の節約」になることです。

縮毛矯矯正とカラーどちらも別々に行うと言うことは、その都度美容院に行かなければならないので、時間も手間もかかります。

しかし、同時施術であれば時間も手間もかからず、時間を節約することが可能です。

森越 道大

美容師 森越

以上が、縮毛矯正&髪質改善の同時施術のメリットでした。

お客さん女性

あれ?もう終わりですか?

森越 道大

美容師 森越

残念ながら、縮毛矯正とカラーの同時施術は、時間の節約以外にメリットが見つかりませんでした💦

ちなみに「くせを伸びてカラーができる」はもはや当たり前のことなのでメリットに入れていません。

縮毛矯正とヘアカラーの同時施術のデメリット

お客さん女性

やはり、縮毛矯正&カラー同時施術はデメリットの方が多いってことですよね?

森越 道大

美容師 森越

そうなんです。ここでは縮毛矯正&カラーの同時施術のデメリットを解説させて頂きます。

担当美容師さんの技術力が必要

森越 道大

美容師 森越

縮毛矯正とカラー同時施術を行う際は、高度な技術力と経験が必要になります。

実際、本当に同時施術をするとなると特殊な技術を必要とするので、担当美容師さんの技術力が求められます。

もし、同時施術に慣れていない美容師さんに担当すると、失敗される可能性があります。

両メニューの効果が減力する


  • 縮毛矯正はストレートが減力する
  • カラーは発色が悪くなる
縮毛矯正のストレートが減力する原因とは

カラー剤はアルカリによって髪表面のキューティクルを開いてしまうので、開いたキューティクルから縮毛矯正薬剤が流出してしまう可能性があるのです。

ストレート効果を十分発揮できていない状態で縮毛矯正の薬剤が流出してしまうと、ストレート効果が減力してしまうのです。

カラーの発色が悪くなる原因とは

縮毛矯正はアイロンの熱によって、若干ですが髪の熱変性を起こしている状態。

熱変性を起こした髪は、カラーが染まりずらく、発色が悪くなってしまいます。

そのため、縮毛矯正当日にカラーを行うと、カラーの効果を十分に発揮できない可能性が高いのです。

髪の熱変性について詳しく解説

お客さん女性

カラーと縮毛矯正の同時施術は、両メニューに悪い影響があるのね。

ダメージが大きい、パサつきやすい

ダメージ×2を超えるかも?

2つのメニューを行うと言うことは、単純計算で「髪へのダメージ×2」だと思いますが、SENJYUチームはそうでないと思っています。

なぜなら、縮毛矯正をした直後の髪は、薬剤の影響で刺激に弱くなっている状態だからです。

刺激に弱い髪の上からカラーを行うと、普段より多くのダメージを受けてしまう可能性があるのです。

森越 道大

美容師 森越

以上のことから、縮毛矯正&カラーの同時施術は、別々で行うより髪へのダメージも大きいのです。

仕上がりも微妙?

ダメージが大きいと言うことはその分、仕上がりに髪もパサつきやすくなってしまいます。

そのため、同時施術を行う場合は、サロントリートメントでのアフターケアが必須だと思って下さい。

縮毛矯正後をしたら2週間空けてカラーをする

森越 道大

美容師 森越

SENJYUチームは縮毛矯正後、2週間空けてからのカラーをおすすめしています。

縮毛矯正後、2週間空けてカラーを行うと
  • カラーの発色に影響がない
  • 縮毛矯正のストレート効果も減力しない
  • 髪への負担も少ない
  • ノーリスクでデメリットは特にない

↑縮毛矯正&カラーどちらの効果も最大限発揮できます。

お客さん女性

なるほど、できるだけ綺麗な髪になりたいから、2週間空けてカラーをします。

SENJYUチームの髪質改善ストレート

森越 道大

美容師 森越

SENJYUチームは縮毛矯正に変わる「髪質改善」提供しています。

SENJYUチームの髪質改善とは

SENJYUチームの髪質改善は、髪へのダメージゼロでくせを伸ばして艶髪ストレートへ導きます。

髪へのダメージがない他、仕上がりはトリートメントをしたように艶がでます。

その効果は、ダメージレス縮毛矯正と言って良いほど。

SENJYUチームの髪質改善を詳しく解説
SENJYUチームの髪質改善の値段

■髪質改善 3時間 ¥19,800(税込)

2度、3度行う必要はございません。

■髪質を診断した上での施術になるため、SENJYUチームにご相談の上での施術になります。

■所要時間は2時間~3時間になります。

SENJYUチームの髪質改善の注意点

縮毛矯正よりもストレート効果はありません。

また、メニュー名は縮毛矯正ではなく「髪質改善」です。

髪質改善も2週間空けてからのカラーをおすすめしています。

まとめ

縮毛矯正&カラーの相性は悪くない

本記事はデメリットの解説が多いややネガティブな内容でしたが、決して縮毛矯正&カラーの相性が悪い訳ではありません。

むしろ、迷わず縮毛矯正&カラーをしてほしいとSENJYUチームは思っています。

しかし、同時施術となるとデメリットが多いので、SENJYUチームのお客様は基本的に、縮毛矯正後2週間空けてからカラーを行っています。

森越 道大

美容師 森越

その他、縮毛矯正&カラーについて分からないことがあればなんでもご相談下さい。

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に

カウンセリングでのご来店可能^^

酸熱トリートメントとカラーの同時施術の注意点を解説
色落ちで髪が緑色になった理由
森越 道大

SENJYUチームではインスタグラムにて最新の情報を配信しています。チェックしてみてください。

おすすめインスタグラムタイムライン

TOP
Loading...