TOP

トップ

ABOUT

他の美容室との違い

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

黒染めの色落ちが汚い…ブリーチするしかない?今からできる対処法を解説

黒染めの色落ちが汚い…ブリーチするしかない?今からできる対処法を解説

この記事を書いた人

SENJYUプロフェッショナルチーム

「店舗を持たない美容室」をコンセプトに、特定の店舗に所属しない美容師たちが集まり、全国で活動しているプロフェッショナルチーム。
ヘアカット・ヘアケア・縮毛矯正などの悩みを抱える女性たちを中心に、年間5,000人以上のお客様のヘアスタイルを担当。
『あなた以上に、あなたの髪を想う』をスローガンとして、様々なプロジェクトに取り組む。

お客さん悲しんでいる女性

黒染めの色落ちで、あずきのような赤茶髪に…!

お客さん悲しんでいる女性

抹茶のような緑カラーになってしまいました…。

黒染めはほとんどの人が人生で一度はお世話になるカラー方法。

就活や面接などで仕方なくしなくてはいけない…なんて人も多いはずです。

必要に迫られる機会が多い黒染めですが、危険性を知らずに行うと、

  • 赤みが強い茶髪に色落ちした
  • 髪が緑になってしまった
  • 理想のカラーにできない

などのリスクに悩まされる可能性が…!

この記事では年間3,500人のカラーを行うSENJYUチームが、黒染めの色落ちが汚いときの対策・原因・気をつけることを解説します。

黒染めの色落ちが汚くて悩んでいる人はもちろん、これから黒染め予定の人はぜひ参考にしてください。

黒染めの色落ちが汚くなる原因

黒染めをした後の汚い色落ちには、

  • 赤い色落ち
  • 緑っぽい色落ち

の2種類が挙げられます。

森越 道大

美容師 森越

原因と特徴について解説します。

色落ちが汚い【赤みが残る】

黒染め後の色落ちに一番多いのが、髪が赤っぽくなる事例。

黒染めに配合されている濃い赤茶系の色素は、髪への定着が良く最後まで残る傾向です。

ブリーチで明るくしても、赤みが抜けづらく赤オレンジっぽくなることもあります。

色落ちが汚い【髪が緑色になる】

金髪状態からブルーブラックなど青みの黒染めカラーをした場合、色落ち後に緑っぽくなることがあります。

お客さん女性

青が色落ちしたら水色になるんじゃないんですか?

森越 道大

美容師 森越

ベースの金髪+薄い青で緑っぽくなるんです。

ヘアカラーでは、カラーの色素以外に髪そのものの色(ベースカラー)が大きく影響します。

暗い茶髪状態から青いカラーを被せる場合は、緑になることはほとんどありません。

ただ明るい茶色〜金髪だと、ベースの黄色みが邪魔をして緑になる確率が高くなるんです。

色落ちが緑になったときの直し方

黒染めの色落ちが汚い=失敗

お客さん女性

黒染めの色落ちが汚いのは仕方ないのでしょうか?

森越 道大

美容師 森越

いいえ、失敗の可能性があります。

カラーの知識があれば、黒染め後の色落ちで赤・緑になることは予測できるはず。

本来なら色落ちが汚くならないように、調合時に色の組み合わせを考えなくてはいけません。

もし黒染め後の色落ちが汚くなった場合は、カラーの調合に不具合があった可能性があります。

色落ちが原因の汚い髪を直す方法とは

黒染め後、色落ちが汚い状態で過ごすのはストレスですよね。

本来であれば色落ちを計算した黒染めをするのが理想的。

ですが色落ち後に髪色が汚くなった場合は、その後の対策を考える必要があります。

赤みが残った際の直し方

お客さん悲しんでいる女性

髪に赤みが残っている場合、どうすればいいですか?

森越 道大

美容師 森越

ブリーチによる脱染がおすすめです。

明るさを表現したい・寒色系カラーにしたい場合は、ブリーチで赤みを取る方法がおすすめ。

黒染めの赤っぽさは、自然な色落ちではほとんど取れません。

明るさも濃いめの茶色止まりで明るさはほぼ得られないでしょう。

ブリーチなら髪に残った色素を分解し、赤み・暗さを同時に改善可能です。

ただデメリットとしては髪への負担が挙げられます。

明るくする必要がない・赤みがマシになればいい人は、ブリーチをせずに濃いめの寒色カラーを被せるのもおすすめです。

赤みの反対色を重ねることで、トーンダウンしつつ赤みを抑えることができます。

髪が緑色になった際の直し方

お客さん悲しんでいる女性

髪が緑の私はどうすればいいでしょうか?

森越 道大

美容師 森越

ダメージゼロカラー落としがおすすめです。

黒染めの色落ちで緑になる人は、過去にブリーチを施してる場合がほとんど。

赤みが残ったとき同様にブリーチを重ねると、髪が切れる・縮れるリスクが高く危険です。

負担なく緑の色素だけを取り除くには、ダメージゼロカラー落としが最適。

色素だけにアタック可能なので、髪の状態が悪化することはありません。

むしろトリートメント効果でツヤっぽくさらさらになる人の方が多いんです。

時間が経つとカラー落とし効果が弱まるので、黒染め後1ヶ月以内に行うのが理想的!

SENJYUチームのダメージゼロカラー落とし

まとめ

黒染め後の色落ちが汚くなる事例として、赤くなる・緑っぽくなるケースがあります。

赤っぽくなる場合は、髪の中に黒染めの赤茶色い色素が残っていることが原因。

赤い色素を追い出すためにブリーチをする・赤い色を打ち消す寒色カラーを被せると、赤みが軽減します。

緑っぽくなる場合は、ブリーチの黄みとカラーの青みが混ざることが原因。

ブリーチで青みを追い出そうとすると髪に負担となるため、あまりおすすめしません。

色落ち後の緑髪には、SENJYUチームのダメージゼロカラー落としがおすすめです。

黒染めはカラーの中でも失敗やリスクが大きいメニュー。

黒染め後のカラープランや、汚い色落ちを防ぐ方法を一緒に考えてくれる美容師さんに相談してくださいね。

黒染め後のブリーチは危険!

オンラインショップを見る

森越 道大

SENJYUチームではインスタグラムにて最新の情報を配信しています。チェックしてみてください。

おすすめインスタグラムタイムライン

カテゴリー一覧から記事を探す

TOP
Loading...