TOP

トップ

ABOUT

プロフェッショナル
チームとは

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

MORIKOSHI TEAMからのお知らせ

コロナ対策・自粛要請への対応について、詳細はこちらでご確認くださいませ。

カテゴリー一覧から記事を探す

汗や湿気の前髪うねり、広がりはカットで解決できません!髪を守る方法とは

汗や湿気の前髪うねり、広がりはカットで解決できません!髪を守る方法とは

この記事を書いた人

MORIKOSHIプロフェッショナルチーム

表参道•銀座において、芸能人、モデルを問わずに人気を博した美容室、『GARDEN』に所属し、月間指名総売上1000万円を誇るプロフェッショナルチーム。
年間5000人以上のお客様のヘアスタイルを担当する中、1000人以上のパーマと縮毛矯正、2000人以上の髪質改善のお客様を担当。
2020年起業『SENJYU』を発足。
『全ての人に可能性という未来を築く』をスローガンに様々なプロジェクトに取り組む。

湿気の髪の悩みといえば
お客さん悲しんでいる女性

汗をかいて前髪がうねる…

お客さん悲しんでいる女性

湿気で髪が広がる…

汗や湿気によって発生する「前髪のうねり」「髪の広がり」

アイロンで一生懸命伸ばしても、すぐ元に戻ってしまう。

お客さん女性

カットすれば解決できるかな?

森越 道大

美容師 森越

残念ながら、前髪のうねり、広がりはカットで解決できません。

森越 道大

美容師 森越

それどころか、ますます事態悪化してしまう可能性もあります。

ブワっと広がる湿気によるうねりや広がりは、バッサリカットすることで解決できそうな感じますが大きな間違いです。

カットした髪は元に戻らない

当たり前のことですが、一度カットしてしまった髪は元には戻りません。

もし前髪のうねりや、広がりをカットしてしまうと、現状のヘアスタイルが崩れてしまう可能性があるのです。

今回、皆様にお伝えしたいこと
  • 前髪がうねる、髪が広がる原因。
  • 前髪うねり、広がりをカットしてはいけない理由。
  • 前髪うねり、広がりをカットするとどうなってしまうのか?
  • 前髪うねり、広がりの本当の対処法

前髪うねり、広がりに悩む方必見の内容です。

前髪うねりを直すスタイリング方法

前髪のうねり、広がりの原因とは

前髪のうねり、広がりは「くせ毛」が原因
森越 道大

美容師 森越

くせ毛があるから前髪がうねって、髪が広がってしまうと考えてください。

くせは水分を含むと強くでる

乾燥する冬場は、くせが強くでることはほとんどありませんが、湿気の多くなる5月~8月にかけては、髪が水分を吸ってしまうことで、くせが強くでてしまうのです。

お客さん女性

普段くせがほとんどないけど、前髪がうねったり、広がってしまうのはなぜ?

森越 道大

美容師 森越

くせ毛の素質があるだけでも、前髪うねり、広がりの原因となります。

日本人の7割がくせ毛

統計からみて分かる通り、くせが全くない方が珍しいのです。

普段くせが目立たなくても素質があるだけでも、湿気や汗によってくせがでてしまう可能性があります。

森越 道大

美容師 森越

普段ストレートでも、髪を濡らしたときくせがでる方は、くせ毛の素質がある髪質だと思ってください。。

お客さん女性

日本人はくせがあって当たり前なのね。

くせ毛に関して詳しく解説

前髪のうねり、広がりをカットで解決できない理由

ではここからが本題

なぜ前髪のうねり、広がりはカットで解決できないのか?

その理由を詳しく解説していきます。

むしろ重さがあるから広がらない

  • 毛量の多さは「物理的な重さ」
  • 湿気によるくせは「見た目の重さ」
「物理的な重さ」はカットで解決できる

毛量の多さからなる「物理的な重さ」は、単純に髪が長すぎる、または毛量が多すぎる状態なので、カットをすることで解決することができます。

「見た目の重さ」はカットでは解決できない

見た目の重さとは、毛量は多く感じるけど湿気によって一時的に重く見えるだけであって、実際の毛量は変わらない状態のときです。

元々の毛量が変わらないのに、カットで髪を短くしたり軽くしてしまうと、現状のヘアスタイルが崩れてしまいます。

その結果、前髪のうねりや広がりが直らないどころか、ますます自体悪化を招く危険性があるのです。

湿気は一時的

湿気による前髪うねりや広がりは、一刻も早く直したいと思います。

しかし、湿気が高くて前髪がうねってしまう、髪が広がってしまう状態は、その日だけ発生している髪のお悩み。

その日だけの髪のお悩みに合わせてカットするってちょっとおかしくないですか?

結論、カットは髪を短くしたい、毛量を減らしたいときに行う

カットの本質は「短くする」「毛量を少なくする」この2つです。

湿気による前髪のうねりや、広がりを直すために存在する技術であはありません。

森越 道大

美容師 森越

毛量が変わらない「見た目の重さ」は、カットで解決できないことを覚えてください。

もし、前髪のうねり、広がりをカットしてしまうと…

前髪のうねり、広がりをカット際に発生する事態
  • ますます髪が広がる。
  • チラチラとアホ毛がでてしまう。
  • くせやうねりが悪化する。
  • 現状のヘアスタイルが崩れる。
森越 道大

美容師 森越

他店で湿気による前髪うねりや広がりの対処法としてカットの提案をされたら、お断りしてほしいです。

失敗されて前髪うねり、広がりが悪化してしまった方へ

生えてきた髪は元には戻りませんが、ベースカットのお直しは可能です。

カット失敗直しのご案内を致します

前髪のうねり、広がりの本当に対処法

森越 道大

美容師 森越

ではここからは、前髪うねり、広がりを直す本当の対処法を解説します。

ストレート技術で根本的に直す方法

  • 縮毛矯正
  • うねりや広がりが強くでる部分を中心に縮毛矯正をすると、くせやうねりを直すことができます。

    湿気の多いシーズン限定で行えば、毎日ヘアアイロンで伸ばすより髪への負担が少なく済む場合もあります。

  • 髪質改善
  • 森越チームの髪質改善は、髪表面のダメージケアとくせ毛改善、両方の効果を持ち合わせます。

    湿気による前髪うねり、広がりにとても効果的ですが、縮毛矯正ほどのストレート効果はありません。

  • 酸熱トリートメント
  • ストレート効果はほとんどありませんが、髪への負担なく、くせやボリュームを抑えることができます。

森越 道大

美容師 森越

森越チームは、髪質に合わせて様々なストレート技術を提供しています。

くせ毛改善・森越チームのストレート技術を解説

スタイリングで一時的に直す方法

前髪うねりを直すスタイリング方法
森越 道大

美容師 森越

前髪うねり、広がりを直すスタイリング方法を解説した記事があるので、ぜひご覧ください。

前髪うねりを直すスタイリング方法を解説

生えぐせによる前髪うねりを直す方法

生えぐせによる前髪うねりは本当にやっかい
森越 道大

美容師 森越

そのやっかいな生えぐせは、ヘアリセッターで根本から直すことができます。

ヘアリセッターとは

ヘアリセッターは特殊なハサミを使用して、生えぐせの原因を根本から直すカット技術の1つです。

髪へのダメージは一切なく、10~20分ほどで生えぐせによる前髪のうねりを直すことが可能です。

生えぐせを直すヘアリセッターを解説

前髪うねりを活かす方法

ここまで、前髪うねりを直す方法だけ解説しましたが、場合によって「活かす」ことも可能です。

  • うねりを活かしてスタイリングをする。
  • うねりを活かしてパーマをかける。

あえて前髪の個性を強調することで、前髪のうねりの悩みを払拭する方法です。

しかし、スタイリング、パーマともに難易度が高いので、失敗してしまう危険性もあります。

失敗すると、うねりが悪化してスタイルが崩れる
森越 道大

美容師 森越

前髪のうねりを活かしてスタイリング、パーマを行う場合は、担当美容師さんにスタイリング方法を教わったり、パーマをかけるべきかよく相談してみましょう。

まとめ

カットの本質を改めて
  • 髪を短くする。
  • 毛量を減らす。

湿気によるくせやうねりは、カットでは解決不可能です。

森越 道大

美容師 森越

カットの本質をしっかり理解しましょう。

湿気から髪を守る方法を解説

カウンセリングのみ実施中

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に


↓↓↓
友だち追加

※PCでご覧になっている場合、下のQRコードをスマホで読み取って友だち追加してください。
LINE友だち追加用QRコード

友だち追加

※うまく追加できない場合、下のIDを使って「ID検索」から森越を見つけて友だち追加してみてください。(追加のやり方はこちら

森越 道大

森越チームが手がけた、【酸熱トリートメント・パーマ失敗直し・髪質改善】の効果をInstagramで公開中ですので、ぜひチェックしてみてください☆

酸熱トリートメント・パーマ失敗直し・髪質改善のbefore・after

Instagram by Morikoshi
TOP
Loading...