ABOUTスペシャリスト
チームについて
MENUメニュー ACCESSお店の雰囲気 RESERVEご予約方法 CATALOGヘアカタログ VOICEお客様の声 COLUMNコラム

TOP

トップ

ABOUT

スペシャリスト
チームとは

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

MORIKOSHI TEAMからのお知らせ

コロナ対策・自粛要請への対応について、詳細はこちらでご確認くださいませ。

カテゴリー一覧から記事を探す

女性必見!美容院へ通う頻度をメニュー・長さ別に解説!ショート~ロング【年間5000人担当美容師】

女性必見!美容院へ通う頻度をメニュー・長さ別に解説!ショート~ロング【年間5000人担当美容師】

この記事を書いた人

MORIKOSHIプロフェッショナルチーム

表参道•銀座において、芸能人、モデルを問わずに人気を博した美容室、『GARDEN』に所属し、月間指名総売上1000万円を誇るプロフェッショナルチーム。
年間5000人以上のお客様のヘアスタイルを担当する中、1000人以上のパーマと縮毛矯正、2000人以上の髪質改善のお客様を担当。
2020年起業『SENJYU』を発足。
『全ての人に可能性という未来を築く』をスローガンに様々なプロジェクトに取り組む。

美容院へ通う頻度とは?
お客さん女性

どれぐらいの頻度で美容院に行けば良いのか分からない。

お客さん男性

美容院に行く頻度について、美容師さんの意見を参考にしたいです。

森越 道大

美容師 森越

では今回、年間5000人担当する森越チームが、髪の長さ、メニュー別に美容院に行く頻度を詳しく解説させて頂きます。

〇〇で美容院に行く頻度とは
  • ショート、ミディアム、ボブ、ロングのカット
  • パーマ
  • ヘアカラー
  • 縮毛矯正
  • 酸熱トリートメント
  • システム(通常の)トリートメント

もちろん、個人差があるのでおおよその数値にはなりますが、ぜひ参考にしてください。

美容室で得する方法とは

カット技術と美容院に通う頻度は比例する

まず初めに、重要なことお伝えします
森越 道大

美容師 森越

全技術の持続力はカットで決まります。

カットが上手い美容師さんが担当すると
  • カットの周期が伸びる。
  • パーマの周期が伸びる。
  • 縮毛矯正の周期が伸びる。
  • ヘアカラーの周期が伸びる。

ショートは1が月に1回、暗めのカラーは2~3か月に1回といわれていますが、そもそもカットラインが整っていないと意味のない数値です。

髪質や長さに合わせて、美容院に行く頻度を割り出すことは決して間違っていませんが、まずはカットを起点にしないといけません。

お客さん女性

でもさすがに、カラーは関係ないですよね?

森越 道大

美容師 森越

いえ、カラーも関係あります。

例として、カラーは綺麗に入っている

しかし、

  • 毛先がはねている。
  • 髪がまとまらない。
  • スタイリングしずらい。
  • 左右非対称。
  • そもそも、イメージと違うカットをされた。

↑美容院に行きたいと思いますねよ。

森越 道大

美容師 森越

どんなに綺麗な色を入れても、カットラインがガタガタだと意味がないのです。

色落ちを防ぐカット技術もある

スタイルに合わせてイングラデーションカットをすると、色落ちを防ぐヘアスタイルを作りだすことも可能です。

結論、まずはカット技術
森越 道大

美容師 森越

全技術の総評はカットで決まります!

美容院に行く頻度は、特定のメニューが成功した際の基準ではなく、全てのメニューが成功した際の基準で決めます。

例として、縮毛矯正とカットをした際、しっかりくせを伸ばすことができても、カットが下手であるために、毛先がはねてスタイリングがしずらかったら、縮毛矯正の持続力の意味がなくなってしまうのです。

まずはカット技術、美容院に行く頻度はその後に決める
  • カットが上手いから〇〇か月持続する。
  • カットが上手いから綺麗なパーマになる。
  • カットが上手いからカラーが綺麗に見える。
お客さん女性

カットの大切さが良く分かりました!

森越チームのカット技術

ここで解説した内容は、全て森越チームの主観的な意見なのでよろしくお願いします。

髪の長さ別、カットをしに美容院に通う頻度

カットの重要性を解説したところで、ここからが本題です。

髪の長さ別、カットをしに美容院に通う頻度を解説
完成系のスタイルによって頻度は大きく異なります。

ここで解説する内容は、全て森越チームが提供するの技術の平均値で解説します。

ショートヘアの頻度

ショートヘアは3週間~1か月に1回がベスト

ショートヘアの場合、カット技術関係なく1か月以上経つとスタイルが崩れていきます。

少しでも髪が伸びるとシルエットが変わりやすいので、美容院に行く頻度を高めに設定しましょう。

どんなに長くても、2か月以内でカットをしないとスタイルが大きく変わってしまいます。

毛量の多い方やくせ毛の方は、特にスタイルが崩れやすいので、場合によって1か月以内でカットをしないとスタイルを維持できないときもあります。

ボブヘアの頻度

ボブヘアは1.5~2か月に1回がベスト

ボブヘアはショートより形が崩れにくいので、美容院に行く頻度は1.5~2か月ほどがベストです。

ふんわり丸みを帯びたボブスタイルは、ボリュームがでてきて重さが目立ってきた頃が美容院に行くタイミングだと思います。

綺麗に切りそろえたショートボブは、数週間でスタイルが崩れてしまうので頻度はやや多めに設定する必要があります。

また、元々毛量の多い方のボブスタイルは、湿気を含むとブワっと広がりやすいので、5~8月にかけては1か月に1度の頻度が良いかもしれません。

ミディアムヘアの頻度

ミディアムヘアは2~3か月に1回がベスト

ミディアムほどの長さになると、美容院に通う頻度も少なくなります。

レイヤーが入っていない、動きをだしていないミディアムスタイルの場合は、形が崩れにくいので3か月に1回の頻度で良いと思います。

レイヤーを入れて動きをだしているミディアムスタイルは、1か月を超えた辺りから重さが目立ってくるので2か月に1回の頻度がベストです。

ロングヘアの頻度

ロングヘアは2.3か月以上に1回がベスト

ロングヘアは最もカットの頻度が少なく、2~3か月、場合によってそれ以上カットしなくても大丈夫なときもあります。

正直カットがあまり上手くない美容師さんが担当してもスタイルが崩れにくいので、技術の関係で美容院に通う頻度があまり左右されないヘアスタイルといえます。

しかし、伸びすぎると毛先が跳ねやすくなるので、2~3か月に1回の頻度でカットすることをおすすめします。

メンズヘアの頻度

メンズショートヘアは1~2か月に1回がベスト

ショートと似通る所もありますが、1~2か月に1回がベストな頻度といえます。

くせ毛やボリュームを気にしている方は、周期を短くしないと髪がまとまらない可能性があります。

前髪カットの頻度

スタイルによって大きく異なる

前髪はスタイルによって頻度が大きく異なるので、適正な頻度は決めようがありません。

ですが、短いほどスタイルが崩れやすいので、オン眉を維持したいときは、2~3週間に1回の頻度がベストです。

目にかかる長さで、アイロンで巻くこと前提であれば、1か月に1回の頻度でも問題ないと思います。

メニュー別、美容院へ通う頻度とは

パーマの頻度

2~6か月に1回がベスト

パーマは長さによって頻度は大きく異なり、髪が短ければ短いほど、伸びた部分をカットされるので頻度は高くなります。

特にショートの場合はスタイルを維持するために、パーマがかかっていてもカットしてしまうので、パーマの持続力が頻度と関係していない場合もあります。

ショートやボブの場合は、2か月に1回の頻度がベストといえます。

ミディアム~ロングの方は、パーマの持ちが良い方ならば4~6か月に1回。

すぐに落ちてしまう方であれば、2~3か月など、元々の髪質によって頻度は大きく異なります。

パーマの持続量を解説

デジタルパーマの方が長く持つので頻度は少なめになる、と説明する美容師さんがいます。

しかし、パーマの持続力は担当美容師さんの技術力が大きく関係しているので「デジタルパーマだから長持ちする」という考えは、あまり持たない方が良いかもしれません。

(理論的にはデジタルパーマの方が長持ちします)

ヘアカラーの頻度

明るめのヘアカラーは数週間~1か月に1回がベスト

ハイトーンなどの明るめのカラーは色落ちが早いので、綺麗な髪色を維持する場合は、1か月に1回ほどの頻度で美容院に通う必要があります。

アッシュ系はとても色落ちが早いので、数週間単位の頻度で染めないと色が完全に抜けてしまう可能性があります。

暗めのヘアカラーは2~3か月に1回がベスト

トーンが低いカラーや黒染めの場合は、色持ちが良いので2~3か月の頻度で大丈夫です。

ヘアカラーはダメージがある方ほど色落ちが早くなる傾向にあので、ダメージ毛のヘアカラーほど頻度が多くなると思ってください。

白髪染めの頻度

1か月に1回のリタッチがおすすめ

白髪染めの場合は生え際が最も気になる部分なので、気になり始めるタイミングである1か月に1回の頻度がベストです。

全体を染めるときは、3か月に1回の頻度が良いと思います。

ヘアマニキュアの頻度

1か月に1回がベスト

色落ちの早いヘアマニキュアは、1か月に1回の頻度がベストです。

縮毛矯正の頻度

4~8か月に1回がベスト

縮毛矯正は、元々のくせと長さで頻度が異なります。

というのも、根元の新しく生えてきた部分の髪はくせ毛なので、髪が短いほどスタイルが崩れやすくなり、頻度を上げないといけません。

  • ショート、ボブの場合は4か月に1回
  • ミディアムは4~6ヶ月に1回
  • ロングは5~8か月以上に1回

また、元々のくせの強さによって持続力が変わるので、くせが強い方ほど頻度が上がります。

酸熱トリートメントの頻度

1.5~2か月に1回がベスト

酸熱トリートメントは通常のトリートメントと違って1回施術を行うと、1.5~2か月間空けないと2回目の施術を行うことができません。

つまり、髪に合わせて頻度を決めるのではなく、酸熱トリートメントに合わせて頻度を決めるのです。

もし、1.5~2か月の間で髪が元に戻ってしまったら、システム(通常の)トリートメントを中間に挟んで、1.5~2か月間期間を待ちます。

酸熱トリートメントの頻度と周期を解説

システム(通常の)トリートメントの頻度

1月に1回がベスト

システム(通常の)トリートメントには数多くの種類があるので、頻度を決めるのは難しいのですが、大体1か月ほどで髪が元に戻ってくるので、1月に1回の頻度がベストといえます。

「髪の賞美期限」は美容師さんに任せてください!

やはり、個人差が大きい

どの技術も、一概にいつからいつまでといえないので、最適に頻度は担当美容師さんとご相談して決めましょう。

森越 道大

美容師 森越

「髪の賞美期限」は、私たち美容師が決めさせて頂きます。

まとめ

最終的な結論

ここまで髪の長さ、メニュー別に美容院に通う頻度を解説させて頂きましたが、これだけは覚えてください。

森越 道大

美容師 森越

頻度の基準は気にせず「自分が行きたい」と思ったタイミングこそ、美容院に行くタイミングです!

本当に美容院に行くべきタイミングはあなただけが知っています

なぜなら、あなたの髪のことを1番良く知っているのは、担当美容師さんではなくお客様本人だからです。

美容院に通いたいと思ったときは「髪に悩みがある」ということになります。

その髪のお悩み、今すぐ解決したいですよね?

森越 道大

美容師 森越

今抱えている髪のお悩みは、時間が経っても改善しないと思います。

髪になんらかのお悩みが発生した「今」こそ、美容師さんに相談してみましょう。

〇〇メニューの頻度が分からない
MORIKOSHIスペシャリストチーム

プロフェッショナル
チーム

そんなときは、森越チームにご相談ください!

現状の髪の状態を教えて頂ければ、いつ美容院に行くべきかお答えします。

どんなメニューでも構いません。

お気軽にご相談下さい^^

カウンセリングのみ無料実施中

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

カウンセリングでのご来店無料^^

美容院の失敗の直し方

↓↓↓
友だち追加

※PCでご覧になっている場合、下のQRコードをスマホで読み取って友だち追加してください。
LINE友だち追加用QRコード

友だち追加

※うまく追加できない場合、下のIDを使って「ID検索」から森越を見つけて友だち追加してみてください。(追加のやり方はこちら

水素トリートメントとは??髪の毛のダメージが超回復??!!水素(酸熱)トリートメントが凄すぎる!!! 【2018年秋冬】ゆるふわパーマ特集~パーマ美容師森越のお客様写真ギャラリーリンクバナー お客様リアルビフォーアフター
コロナウイルスに対して美容室ができることとは パーマ失敗後の間違った対処法とは?!もう騙されない!パーマ美容師が語るパーマ失敗後の真実 口コミページリンクバナー
森越 道大

森越チームが手がけた、【酸熱トリートメント、髪質改善、パーマ直し】の効果をInstagramで公開中ですので、ぜひチェックしてみてください☆

Instagram by Morikoshi
TOP