TOP

トップ

ABOUT

プロフェッショナル
チームとは

MENU

メニュー・料金

ACCESS

店舗・アクセス

RESERVE

ご予約方法

MEDIA

実績・メディア

VOICE

お客様の声

ONLY ONE
TECNOLOGY

唯一無二の技術

ITEM

おすすめ商品

MORIKOSHI TEAMからのお知らせ

コロナ対策・自粛要請への対応について、詳細はこちらでご確認くださいませ。

カテゴリー一覧から記事を探す

ダメージレス縮毛矯正!髪が傷まないストレート技術の秘密とは?

ダメージレス縮毛矯正!髪が傷まないストレート技術の秘密とは?

この記事を書いた人

MORIKOSHIプロフェッショナルチーム

表参道•銀座において、芸能人、モデルを問わずに人気を博した美容室、『GARDEN』に所属し、月間指名総売上1000万円を誇るプロフェッショナルチーム。
年間5000人以上のお客様のヘアスタイルを担当する中、1000人以上のパーマと縮毛矯正、2000人以上の髪質改善のお客様を担当。
2020年起業『SENJYU』を発足。
『全ての人に可能性という未来を築く』をスローガンに様々なプロジェクトに取り組む。

縮毛矯正は髪が傷む!
  • 毛先がチリチリになる
  • 繰り返し行うと枝毛、切れ毛になる
  • 縮毛矯正をすると、パーマやブリーチができなくなる
お客さん悲しんでいる女性

まぁ、縮毛矯正ってそんなもんですよね…

ストレート効果抜群の縮毛矯正ですが、一番の気がかりが髪へのダメージ。

髪へのダメージから、縮毛矯正敬遠されがちで、縮毛矯正を継続的に行っている人は意外と少数。

しかし「縮毛矯正は髪が傷んで仕方ない」と言う固定概念は今日で終わりにしてほしいです。

森越 道大

美容師 森越

SENJYUチームは、髪へのダメージを感じない縮毛矯正を提供しています。

SENJYUチームのダメージレス縮毛矯正とは
  • 繰り返し行ってもダメージを感じない
  • パーマ、ブリーチ毛でも縮毛矯正ができる
  • 縮毛矯正後、パーマやブリーチが問題無くできる
  • 縮毛矯正をしてもふわふわバージン毛の状態を維持できる
  • もちろん、ストレート効果抜群!

↑「まさか?」と思った方こそ、この記事を読んでほしい!

森越 道大

美容師 森越

今回、年間1000人の縮毛矯正を担当するSENJYUチームが、髪の傷みを感じないダメージレス縮毛矯正を解説させて頂きます。

ダメージレスストレート【髪質改善】

SENJYUダメージレス縮毛矯正とは

絶対に髪が傷まない縮毛矯正はあるのか?

まず、絶対に髪が傷まない縮毛矯正は存在せず、縮毛矯正をする以上ある程度髪は傷んでしまいます。

しかし、髪が傷む度合いは美容師さんの腕にかかっているほか、アフターケアなどで傷みを抑えることも可能です。

森越 道大

美容師 森越

最終的に「髪の傷みを感じさせない」縮毛矯正をすることが重要だと思っています。

お客さん女性

どう言うことですか?

森越 道大

美容師 森越

次の項目では「傷みを感じさせない」の意味を詳しく解説します。

髪の傷みを感じさせないために

森越 道大

美容師 森越

まず、髪のダメージには2種類あります。

2種類の髪のダメージ
  • 理論的な髪のダメージ
  • 「髪内部の結合が切れていいる」「髪の毛のPH値がアルカリ性に傾いている」など、専門的な意味合いの髪のダメージ。

  • 見た目の髪のダメージ
  • 髪がバサバサなど、見て分かる髪のダメージ。

↑前者は美容師じゃないと分からない髪のダメージ、そして後者はお客様でも分かる髪のダメージと言うこと。

お客様が求めているのは「見た目の綺麗さ」

どんなメニューでも、髪が綺麗にならないとお客様は満足しません。

そのため、髪のダメージ関係無く、施術後「お客様が髪の傷みを感じない仕上がり」になり、

それが何か月も持続させることができれば、縮毛矯正が成功したと言えます。

もちろん「髪を傷めない」ことも忘れてはいけません。

ダメージを最小限に抑えるのは当たり前
森越 道大

美容師 森越

ダメージを感じさせない仕上がりにすることも「ダメージレス」になるのです。

見た目の綺麗さは1日だけではない

もちろん、一時的に髪を綺麗にするだけでは納得いかないと思うので、綺麗な髪を1日でも長く持続させる必要もあります。

綺麗な髪を長く持続させることも「ダメージレス縮毛矯正」をするうえで大切なことなのです。

結論、SENJYUチームのダメージレス縮毛矯正とは
  • 結果、髪が綺麗になる仕上がり
  • 見た目のダメージを感じない
  • 綺麗な髪を1日でも長く持続させる
縮毛矯正は髪の手術

メスを使用した手術は、体を傷つける行為です。

しかし、傷口をしっかり閉じてしまえば、術後に「体が痛んだ」と感じることはありませんよね?

縮毛矯正にも同じことが言えて、髪が傷むことはしているけど、仕上がりが艶髪ストレートになって、しかも半年以上持続すれば、理論的に髪が傷んでいたとしても「髪が傷んだ」と感じることは無いはず。

こうした、最終的に全くダメージを感じない結果にするのは美容師さんの腕次第。

森越 道大

美容師 森越

以上が、髪の傷みを感じさせないダメージレス縮毛矯正です。

お客さん女性

なるほど!「髪の傷みを感じさせない」の意味が分かりました。

お客さん女性

でも、具体的にどうやって髪の傷みを感じさせない縮毛矯正をしているんですか?

森越 道大

美容師 森越

では次の項目で、SENJYUチームの髪の傷みを感じさせないダメージレス縮毛矯正の秘密を解説させて頂きます。

ダメージレス縮毛矯正の秘密

カウンセリング&髪質診断

カウンセリングはゴールを設定する大事な技術

カウンセリング&髪質診断は、髪のくせの強さや種類などを見極めて、縮毛矯正をすべきか、どんな薬剤を使用するかを決めるのです。

言わばカウンセリングは、ゴールに進む道のりを決める大事な工程で、カウンセリングを怠るとダメージレス縮毛矯正は達成できません。

森越 道大

美容師 森越

ダメージレス縮毛矯正を実現するために、SENJYUチームはカウンセリングに力を入れています。

SENJYUチームのカウンセリング

正しい薬剤知識と薬剤選定

髪質に合わせて薬剤を選定

縮毛矯正の薬剤は沢山あり、薬剤の違いで髪質別の相性もあります。

もし、薬剤選定を誤ると、髪に過度なダメージを与えてしまったり、しっかりストレートにならない場合もあります。

そのため、ダメージレス縮毛矯正を実現するには、入念な髪質診断と、薬剤知識が重要になります。

お客様の髪は千差万別

同じ髪質はこの世に2つ存在せず、お客様1人1人に合わせた薬剤選定を必要が必要になります。

適切な薬剤選定無くして、ダメージレス縮毛矯正は達成不可能。

森越 道大

美容師 森越

縮毛矯正の正しい薬剤選定をするために必要な物は、圧倒的な経験値です。

髪を傷めないアイロンワーク

職人技!縮毛矯正のアイロンワーク

縮毛矯正のアイロンワークは本当に難易度が高く、アイロンワークで結果が大きく変わると言っても良いほど。

SENJYUチームは、髪質によってアイロンの温度や、プレスの強さを調節することで、髪へ与えるダメージを最小限に抑えています。

よりストレート効果を高めるために

横スライスだけのアイロンだと、横方向にしか熱が加わらないため、しっかりストレートにならず、持続力も低くなります。

森越 道大

美容師 森越

SENJYUチームはストレート効果と持続力を高めるために、十字にアイロンを入れています

十字アイロン

横方向50%、縦方向50%にアイロンが入れることで、360℃均等に熱を加えることができるのです。

同じ髪に2回アイロンを通しているように感じますが、縦横1回ずつなので、アイロンを通している回数は1回だけ。

お客さん女性

あの、アイロンを縦横に入れるって言っても、そんな上手くいくもんなんですか?

森越 道大

美容師 森越

100%均等にアイロンを入れることは不可能ですが、どちらか一方にアイロンを入れるよりストレート効果を高めることは可能です。

また、縦横にアイロンを入れると髪が潰れることもありません。

その他、ダメージレス縮毛矯正の秘密

SENJYUチームのトリートメント

縮毛矯正のダメージをリセット

SENJYUチームは、特殊な技法と知識を必要とする代わりに、通常のトリートメントをはるかに超えるダメージケアを発揮する特殊なトリートメントを扱っています。

縮毛矯正やカラーやパーマによってダメージが蓄積されている髪でも、バージン毛に蘇ったような効果を発揮して、ダメージをリセットします。

結果、縮毛矯正をしているのに髪が傷んでない、と感じる仕上がりになります。

森越 道大

美容師 森越

SENJYUチームのトリートメントは、すでに髪が傷んでいる方に使用すると効果を発揮します。

SENJYUチームのトリートメント

プレックス剤との併用

縮毛矯正のダメージを事前に防ぐ

プレックス剤は海外初の特殊な薬剤で、縮毛矯正の薬剤と併用すると、薬剤のダメージから髪を守ってくれます。

また、ダメージを防ぐだけでなく、仕上がりはトリートメントをしたように艶がでて、力強い髪にする効果もあります。

森越 道大

美容師 森越

プレックス剤は、髪のダメージを未然に防ぎたい方に使用します。

プレックス剤を詳しく解説

レゾシステム

アフターダメージを防ぐ

縮毛矯正をすると、僅かながら残留薬剤が髪内部に留まってしまいます。

この、残留薬剤はアフターダメージの原因になりますが、レゾシステムはその残留薬剤を除去することができます。

森越 道大

美容師 森越

レゾシステムも、髪のダメージを未然に防ぎたい方に使用します。

新!ダメージレス縮毛矯正

本当に髪が傷まない縮毛矯正

若干ストレート効果は小さくなりますが、本当に髪が傷まないストレート技術は存在します。

その、髪が傷まないストレート技術の名は「新技術の髪質改善」

新技術の髪質改善Before・After
新技術の髪質改善を詳しく解説

メニュー名は「髪質改善」です。

まとめ

SENJYUダメージレス縮毛矯正とは

例えくせが伸びても、髪がチリチリに傷んでしまってはいけません。

ストレートにするのはもちろん、仕上がりはダメージを感じない艶髪にならないと、縮毛矯正を成功したと言えないと思うのです。

縮毛矯正には「ダメージレス」は必須
森越 道大

美容師 森越

ダメージレス縮毛矯正こそ、本物の縮毛矯正だと思うのです。

森越 道大

美容師 森越

SENJYUチームは、ダメージレスな本物の縮毛矯正をこれからも数多くのお客様に提供してきたいと思います。

髪の傷みを感じない本物の縮毛矯正を求めている方へ

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に

カウンセリングのご来店可能^^

実は同じだった?縮毛矯正とストレートパーマ
縮毛矯正のデメリットを徹底解説
森越 道大

森越チームが手がけた、【酸熱トリートメント・パーマ失敗直し・髪質改善】の効果をInstagramで公開中ですので、ぜひチェックしてみてください☆

酸熱トリートメント・パーマ失敗直し・髪質改善のbefore・after

Instagram by Morikoshi
TOP
Loading...